「忙しい」と「忙しい」が増えるのヨ

4月中旬、淡路島に引越すことになり、、

(その怒涛の展開はまた別のお話で)

今より広いおうちに!!!ならいいのだけど、

パ◯ナのおかげで賃貸物件が全然なくて

引越し先が 今より狭くなるので

現在ドタバタと断捨離祭り中。

 

何かと気ぜわしく

なんか忙しいーー((((( ゚д゚ ))))) と、

なっておりました。

 

そんなとき、

夜遅くに電話が、、、。

 

 

高齢の母が入居している施設からの

電話でした。。

(もう嫌な予感しかない)

 

 

母が部屋で転倒して

頭から血を流していて

救急車で運ばれてるとのこと。

 

受け入れ先の病院が決まり次第

連絡するので

準備して待機しててくださいといわれ

 

エッ?と白目になるも、

急いで 髪を乾かして

支度をしながら

救急隊員さんからの電話に

受け答えしたりして

幸い、うちの近くの病院で受け入れてもらえたので

夫さんと一緒に歩いて向かいました。

 

病院に向かう途中で

救急車に追い越されたのですが

どうやらそれに乗っていた模様。

 

施設のチーフスタッフさんが付き添ってくれてて

手続きとかしてくれてて助かりました。

 

頭をぶつけて血まみれで倒れてたなら

死ぬ案件じゃないの?と思いましたが

どうやら意識はしっかりしてて

大丈夫だった様子。

 

ストレッチャーごと

処置室に連れて行かれて

我々は救急隊員さんにいろいろ確認され

施設のチーフスタッフさんとともに

待合室で しばし待つ。

 

その間、チーフスタッフさんに

状況を聞いていたら

 

母が、車椅子に乗せられて戻ってきました。

 

麻酔無しで傷口を縫われて

すごく痛かった!(# ゚Д゚) と

文句を言ってたので

かなり元気な様子で一安心。。。

 

脳のCTも 脳に出血はみられなかったようで

こちらも一安心。。。^^;

 

そのときは ガーゼで止血されてる状態で

傷口は見えませんでした。

 

もう深夜1時近くで

施設のチーフスタッフさんが

どうせ車を取りに施設に戻るから

タクシーで母を一緒に連れて行ってくれるとのことで

タクシー代を渡して有り難くお願いし、

我々は人気のない深夜の街を歩いて帰宅。。。

 

翌日、夫さんに頼んでレンタカーを借りて

母を施設に迎えに行き、、

 

病院の外科外来に連れて行って

診察を受け、ガーゼをとったら

結構、大きな傷あとでした。

 

夜にトイレに行こうとして

ふらついて ひっくり返るように倒れ

オイルヒーターに頭をぶつけたらしい。。。

(それで 傷口が2ヶ所、、)

 

翌週に抜糸、ということで

またレンタカー借りて 通院です。^^;

 

 

鉄のオイルヒーターに頭をぶつけて

このくらいで済んだって

人間のボディって結構、丈夫なんだな、、。( ゚д゚)

 

まぁ そんなわけで

忙しいーーってエネルギーを放出してたら

余計に忙しくなり、、

 

出したエネルギーが返ってくる、、を

あらためて実感しつつ

 

 

でも、こんなことがなかったら

引越の前に、母に会うことはなかったなぁと思い

決死で会う機会をつくってくれた(?)

母に感謝。(ー人ー)

 

ありがとう。

元気で暮らしていてください。